成果を出すのに有効なやり方

ビジネス

上手にやっている人のを真似る

だいたい、発信している人を変え、テーマを変えつつも、「こうすると上手にいく」という考え方、やり方があります。

筋力トレーニングをするには、フォームを安定して、回数×セットをこなす、栄養としてタンパク質を多く摂るようなことです。

誰が言っても、また、種目が異なるとか、カラダを引き締めるにしても、大きくするにしても、こういうことはだいたい共通しているかと思います。

それを、「自分はこう思う」と言って、フォームは適当、栄養は炭水化物や脂肪を多く摂るというのでは、グッドシェイプなカラダからは遠ざかります。

自分のこう思う、それも主張があって良いかもしれませんが、「成果の出る」ことを思えば、しなくても良い遠回りだけをしているわけです。

他の人の考え方、やり方を取り入れず、また、良いものを取り入れずして、自己流を貫く人は、果たしてどこに行き着くのだろうか、そんなことも思います。

良い考え方、やり方を見定める

今の時点で、"成果が出ているか"とは別に、せっかくなのだから物事が順調に進む、上手にいく方を選ぶのが良いと思っています。

私自身の性分もありますが、「知らないことを知るようにする」、「できないことをできるようにする」のが好きなので、こういう姿勢や心構えを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

しかし、何かにつけ、やらない人においては、御託や言い訳を並べる、実際にやらない/長続きしない、人のせい/何かのせいにするのでしょう。

最近思うのでは、おおよその人間関係、仕事や恋愛においても、会話の仕方、交渉の仕方について、一定の考え方、やり方があります。

言葉が話せるから、これらがすべて上手にいくわけでもなく、上手にやるのも"ひとつの技術(テクニック)"であり、知っているかどうか、取り入れるかどうかだということです。

道端で声をかけられて、いきなり「弊社の商品・サービスを買ってください!」、「こんにちは。タイプなので一緒に飲みに行きませんか」と言われたところで、「いや、買わないし/行かないし。それ以前に、え、誰ですか?」と面食らってしまいます。

こういう発想を知らない人、上手に情報を得ることのできない人では、足りないのは気合いや根性とか、自分は合っていて、間違っているのは周りだと、これまた見当違いの解釈をします。

行き着く先は明暗分かれて

Twitter(現・X)を見ていて、わかりやすいのが、恋愛や結婚したい人たち(いわゆる婚活垢)で、何だか大変そう/辛そうに見える人は、やはりそれだけの/それなりの理由があります。

人によっては、常にあーだこーだと、良くない方面の内容で、それも多くの"ひとり語り"をしていて、それで、ステキな人と出会えるのか?と心配になります。

ああ、むべなるかなと思いながら、こういう人に対して「良かれと思って」さりげなくアドバイスしても、「余計なお世話、説教はいらない」となりがちです。

この場合では、結婚しているかどうか、ステキなパートナーがいるかどうかに関わらず、広く「人から好かれる」自分になる方が、何かと良いことが多く起こるような気がします。

素直に受け入れる、自分自身の振る舞いを変えていける、積極的に質問するのであれば、物事は良い方に進み、自身の「成果の出る」方に向かっていくのでしょう。

では、あなた自身、どちらのようでありたいのか、私自身では少しずつでも「成果の出る」、その喜びの多くあるようでいたいものです。

では、また。

ビジネス
セミナー
次世代起業家育成セミナー
起業や経営に必要なノウハウ、また、インターネットを用いて事業を拡大するノウハウが学べる、総額100万円以上のセミナー動画が、今だけ無料で視聴可能!ビジネスの根幹を知り、全体像を把握した方はぜひチェックしてみてください!
そばじま|SNS収益運用をフォローする
そばじま:ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました